*** 音楽グッズ通販/楽器 ***

楽器(がっき)とは音楽を奏でるために用いる音の出る器具である。広くは音を出すことができるものすべてを楽器とすることもあるが、一般的には音を出すために作られた器具を指す。また、楽曲のためのものを楽器と呼ぶのであって、音が出るものであっても風鈴などは楽器とは呼ばれない。

多くの楽器は、

振動を作り出す部位(弦、リード、マウスピース、声帯など)
振動を共鳴させたり、音を大きくする部位(共鳴箱、共鳴筒、口腔など)
の双方を備えるが、後者を持たない物も見られる。

音楽は人の心にうったいかける。応援したり、慰めたり、落ち着けたり、とってもすばらしいものです。
管楽器 - 気鳴楽器のほとんどは管の内部の空気の振動を利用する楽器である。周波数は筒の長さや形状によって決まり、音色は楽器の作りによってかなり異なったものとなる。
木管楽器 - 次項の金管楽器以外の管楽器。唇の振動によらないもの。広義の笛。単簧管楽器、複簧管楽器、無簧管楽器。一般に音を変える側孔を持つ。
金管楽器 - 唇の振動によって管の内部の空気を振動させる楽器。唇簧管楽器。広義のラッパ。一般に管の長さを変えるバルブなどの仕組みを持つことが多い。
弦楽器 - 弦鳴楽器全般。張力を持たせて張った弦を弾く、こする、叩くなどして音を出す楽器。周波数は弦の長さや張力によって決まり、弦の材質、共鳴胴の形状、材質などによって様々な音色のものがある。
打楽器 - 体鳴楽器と膜鳴楽器を含めて打楽器という。楽器を手やばちで打ったり楽器同士を打ち合わせることによって音を出すものが多いが、振ったりこすったりして出す楽器もある。様々な材料と形のものがあり、音、奏法も様々なものがある。
鍵盤楽器 - 体鳴楽器、膜鳴楽器、気鳴楽器、弦鳴楽器のうち、指や足で演奏するための鍵盤を有するもの。
電気楽器 - 体鳴楽器、膜鳴楽器、気鳴楽器、弦鳴楽器の作る振動を、電気的、電子的に処理して音を出力する楽器。
電子楽器 - 電子的に作成した振動を、音として出力する楽器。
- 人間の声は一種の楽器として取り扱われることがある。