*** 音楽グッズ通販|カスタネット ***

カスタネットは、木製の打楽器で、体鳴楽器に分類される。スペインで発達した楽器であり、スペインの民族音楽に欠かせず、スペインの舞踊フラメンコなどに用いられる

カスタネットの語源はスペイン語で『栗』を表す『カスターニャ』(castana)という単語。ギリシャでは栗の木で作っていたからとも、形が栗の実に似ているからとも言われている。手のひらに納まるくらいの丸い貝型の木片を2枚合わせ、これを打ち合わせることによって音を出す楽器である。木片の打ち合わせる側はほぼ平らで、中央にくぼみがある。端にひもを通して蝶番とし、このひもに親指を通して楽器を保持したり2枚の開き具合を調整したりする。通常、音程がわずかに異なる2つの楽器を一組として演奏し、高い方の楽器を右手で持つ。音程の高い方は「雌」、音程の低い方は「雄」と呼ばれ、両者を見分けるために「雌」のひもの通し穴付近には目印の切れ込みが入れられている。材質は、高級なものでは黒檀、ローズウッドを用いる。このほかにプラスチック製(教育用楽器など)や金属製(サン・サーンスのオペラ『サムソンとデリラ』など)のものもある。

教育用楽器として、また幼児のおもちゃとしてよく見られる赤色と青色の板(一方の板には突起がついている)をゴムひもでくくったものはミハルスといい、日本の舞踊家千葉みはる[1]がカスタネットをもとに考案したものである。音がしやすく丈夫。赤と青は男子が青、女子が赤、男女共同で使えるため。