*** 音楽グッズ通販|サクソフォーン ***

サクソフォーン(英語:saxophone、サキソフォン)は、金属製の木管楽器の一種である。縮めて「サックス」(sax)と呼ばれることが多い。

ソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4種がもっともよく使われる。クラシカルサクソフォーンにおいてはアルトが標準的な楽器として用いられているが、ジャズ、ポピュラーミュージックにおいては、アルト、テナーの存在は同列と考えてよいだろう。

ソプラニッシモ(ピッコロ) (Sopranissimo(piccolo) saxophone)
調性は変ロ(B♭)調である。
演奏される機会は滅多にない。
演奏には強靭なアンブシュアーを必要とする
ソプリロ(Soprillo)
エッペルスハイム社はソプリロ(Soprillo)と称している。
ソプラニーノ (sopranino saxophone)
調性は変ホ(E♭)調で、実音は記譜より短3度高い。
演奏される機会は少ないが、サクソフォーンのアンサンブルなどで用いられることがある。またジャズプレイヤーが、持ち替え用の楽器として使用する場合がある。
ソプラノ (soprano saxophone)
調性はアルトよりも完全5度高い変ロ(B♭)調で、実音は記譜より長2度低い。
サクソフォーン四重奏においてはリーダー的存在になる。
また、テナーと同じ調性であるため、ジャズなどではテナー奏者が持ち替えて演奏することが多い。
本来はネックからベルまで円錐状の直管(ストレート)であるが、 柳澤管楽器がネック部分が少し曲がっているカーブドネックの楽器を発売してから、音色の柔らかさも手伝いカーブドネックも一般的になってきた。また両方の特性を1本の楽器で補う為、アルト以下と同様にネック部分の分割を採用し、ストレートとカーブドのネックを付け替え式にしたものもある(デタッチャブルネック)。カーブドソプラノと称するアルトサクソフォーン同様全体が曲管である楽器や、サクセロと称したベル部だけが正面を向いた楽器も存在する。ハイF#キーを備えるものの中には半音上のハイGキーを持ち、実音ファ(F)を出せるものもある。明るい音色のC調管も存在したが、現在は生産されていない(C メロディを参照)。
オーロクローム (aulochrome) (en:Aulochrome)
通常の音色で(特殊奏法の重音ではなく)同時に2つの音を出せる、二重ソプラノ・サクソフォーン。フィリップ・ボスマンがこの楽器のために「ファンファーレIII」という協奏曲を書き下ろし、2002年にパリのラジオ・フランスでの演奏会、次いで2003年にブリュッセルのアルス・ムジカ現代音楽祭にて披露された。
アルト (alto saxophone)
調性は変ホ(E♭)調で、実音は記譜より長6度低い。標準的な音域はヘ音記号のレ♭(D♭)から約2オクターヴ半上のラ♭(A♭)まで、ハイF#キーを備えるものはその半音上のラ(A)までを演奏することができる。昔の個体の中には、管を伸ばしド(C)まで演奏できるようにしたものも稀に存在する。
ソプラノと比較してネックが大きく曲がり、本体も途中で折り返した構造となっている(ごく稀にネック部以外がほぼ直管の「ストレートアルト」も存在するが、一般的ではない)。サクソフォーンと言えばこの構造がイメージされることも多く、サクソフォーンの中で最も標準的な楽器といえる。クラシカルサクソフォーンのための独奏曲、協奏曲はほとんどがアルトサクソフォーンのために書かれている。また、ビッグバンドのサクソフォーンセクションはアルトがセクションリーダーを務め、主旋律を奏でることが一般的である。
テナー (tenor saxophone)
調性はアルトよりも完全4度低い変ロ(B♭)調で実音は記譜より1オクターヴと長2度低い。標準的な音域はヘ音記号のラ♭(A♭)から約2オクターヴ半上のミ♭(E♭)まで、ハイF#キーを備えるものはその半音上のミ(E)までを演奏することができる。
アルトと比較してネックや本体が長く管の曲がりが大きいが、基本的な構造はアルトに類似している(アルト同様、ごく稀にネック部以外がほぼ直管の向いた「ストレートテナー」も存在するが、やはり一般的ではない)。
アルトの次によく使われる楽器で、演奏者も多い。
男性的かつ豪快な音色を持つことから、ジャズ、ポピュラーミュージックでは幅広いジャンルでソロ楽器としても重用されている。
C メロディ (C melody saxophone)
アドルフ・サックスは当初2つのファミリーのサクソフォーンを考案した。すなわち、現在使われているE♭管-B♭管ファミリーの楽器と、F管-C管ファミリーのそれである。F管-C管の楽器はほとんど製作されなかったが、C管テナーがメロディサックスというニックネームで存在した。調性はハ(C)調で、実音は記譜より1オクターヴ低い。20世紀前半には製造されていた。B♭管テナーと全音違いのためあくまでテナーとして位置づけるべきであろう。また、C管でピアノ、ギター、オルガン、フルートやオーボエの実音譜を移調することなく、豊富な量の既存楽譜をそのまま演奏できたため、アマチュアや教会音楽用に好まれた。現在は製造されていないが根強い愛好家が存在し、レストアされたビンテージ楽器が流通している。

バリトンサクソフォーンバリトン (bari(y)tone saxophone)
調性は変ホ(E♭)調で、実音は記譜より1オクターヴと長6度低く、アルトよりも1オクターヴ低い。一般的に(他のサクソフォーンに存在しない)ローAキーを備え、記譜上のA、すなわち実音のド(C)の音を出すことができるが、昔の個体にはこの機構がなかったり、軽快な音色を出すためにこの機構を省略したりするものもある。
アルト・テナーと比べるとネック近くの本体に折り返しが設けられているなどの構造上の差異が見られる。座位で演奏した際に楽器本体が床に大きく接近してしまうため、ベルの折り返し部分に一脚が組み込まれているものも存在する。
吹奏楽ではサクソフォーン及び木管セクションのバス声部を担当するほか、ビッグバンドにおいても低声部を担当する。まれにトップアルトサックスとオクターブ違いの主旋律やアドリブソロを吹くこともある。
クラシカルサクソフォーンに於いてはアンサンブル楽器としての性格が強いが、最近では栃尾克樹の様にバリトンをソロ楽器として演奏するプレイヤーも出てきている。ジャズにおいては、ジェリー・マリガンのようなバリトンサクソフォーンのソロ奏者が存在する。
なお、管楽器で一般に「バリトン」と呼ばれるバリトンホルン(ユーフォニアム)と区別するために「バリサックス」(Bari Sax)と表現されることがある。また、日本では「バリサク」という俗称で呼ばれることもある。
バス (bass saxophone)
調性はテナーよりも1オクターヴ低い変ロ(B♭)調。実音は記譜より2オクターヴと長2度低い。構造はバリトンに類似している。
大編成の吹奏楽やサクソフォーンのアンサンブルなどで用いられることがある。
コントラバス (contrabass saxophone)
調性はバリトンよりも1オクターヴ低い変ホ(E♭)調。
世界でも数台しかなく(日本には3台しかない)、背の高い成人男性以外は演奏時に脚立を必要とする。
サクソフォーンのアンサンブルなどで、稀に用いられることがある。
チューバックス(tubax)
コントラバスが携帯に不便である為、エッペルスハイム社が管長を折り曲げて作ったのがこの楽器。音域はコントラバスと同一だが、マウスピースはバリトンと同じ物が使用可能。
サブコントラバス (Subcontrabass saxophone)
調性はバスより1オクターヴ低い変ロ調。
エッペルスハイム社はB♭管コントラバスサクソフォンと称している。
チューバックス(tubax)
エッペルスハイム社はB♭管テューバックスも開発・製造している。