*** 音楽グッズ通販|概論 ***

音楽の定義には、「音による芸術」といったものから「音による時間の表現」といったものまで、様々なものがある。

音楽は、ある音を選好し、ある音を選好しない、という人間の性質に依存する。

音楽には以下の3つの要件がある。

1.材料に音を用いる。
2.音の性質を利用して組み合わせる。
3.時間の流れの中で材料(音)を組み合わせる。
西洋音楽では、リズム(律動)、メロディー(旋律)、ハーモニー(和声)をもつものが音楽とされる。そして、このような特性をもつ音を様々な方法で発したり、聴いたり、想像したり、楽しむ行為のことをも指す。広くは人間が楽しめたり、意味を感じたりすることのできる音全体のことをさす場合もある。

音楽の歴史は有史以前まで遡ることが出来る。

西洋音楽では、音楽の要素は、リズム、メロディー、ハーモニーの三要素からなる、と考えられている。この場合における和声、ハーモニーとはメロディとの相対的な倍音関係を構成しており、メロディをより際立たせる役割を持っている。

音楽行為に関しては、現代では一般的に「作曲」「演奏」「鑑賞」の3方面が基本として考えられている。作曲とは、作曲者の心に感じた事を音によって表現することである。演奏(えんそう)とは、再現芸術ともよばれ、作曲された音楽を実際に音として表現する行為であり、原曲を変えて演奏したり(編曲)、声楽曲を器楽曲に変える等(編曲)する行為も演奏行為とされる。。鑑賞とは音楽を聴いてそれを味わったり、価値を見極めたりすることである。

音楽には様式があり、それを「ジャンル」と呼んでいる。「民族音楽」「クラシック音楽」「ジャズ」「ロック」などといった名称で呼ばれているのがそれである。

近年では人々の音楽を聴く行為を統計的に見ると、再生音楽が聴かれている割合が多くなっている。